JAPAN 3x3 BASKETBALL TEAM

3x3 日本代表 OFFICIAL SITE

MENU
  • Twiiter
  • Facebook
  • Pinterest
  • Youtube
  • Instagram

NEWS

日本代表 男子

《Interview》比留木 謙司「代表に新たな活力を与える闘志を持った頭脳派プレーヤー」

2017年10月26日

 今回のアジアカップに臨むメンバーを見ると、昨年のワールドチャンピオンシップに出場した中から3名が引き続き選出。そして唯一の新しいメンバーとなるのが、比留木謙司だ。

 日本代表として戦うことについて、比留木は次のように熱い思いを語る。「日本を代表して大会に出られることは名誉なことであり、すごく責任があると考えています。そして、東京五輪が決まった競技に対して、その戦いが今から始まっている。現在の3×3の環境、露出の部分をよりよくしていくために選手としてできることは勝つことが一番。まずは結果の出さないといけないというのが、率直な気持ちです」

 5人制のトップリーグ、そして3×3での活動を長らく並行している比留木にとって、「3×3は5人制とは全く別の競技という認識。どこを狙う、どういう戦略でいくのかなどは全然、違うという考えです」という捉え方でプレー。「自分の中では別々のスイッチがあります」と表現する。

 そして「プレースタイルでいえば、そんなに大きく変わったところはない。自分のクレバーにボールを回したり、体を寄せたりする。点を取りに行きたい選手が、取りやすい状況を作る。困った時にその都度、チームに足りないものを提供できるように意識していきたい」と自身の役割について言う。

 また、現役のBリーグ選手である自身が3×3の代表としてもプレーについて、「並行してやることに意義がある。自分のような選手が出ることで、5人制の選手がより3×3に目を向ける。逆に3×3の選手が、もっと5人制にも注目するようになっていければ」とコメント。さらに「今、日本が3×3において世界で戦えている状況であり、それをバスケットボール界全体としてもっと使えるようになれればと思います」と続け、2つの舞台で活躍している彼だからこそ貢献できることがあると意識している。

 最後に大会に向けて、「 頭と足を使った自分たちのテクニックをいかしていく。豊富な3×3の経験をいかしたプレーを上手に出していければ、勝つ可能性は十分にあると思っています」と語ってくれた比留木。感情をどんどん表に出す闘志溢れるプレーと共に、状況を冷静に判断した巧さを備える彼が、日本代表に新たな個性を加えチームを勝利に導いてくれるはずだ。