JAPAN 3x3 BASKETBALL TEAM

3x3 日本代表 OFFICIAL SITE

MENU
  • Twiiter
  • Facebook
  • Pinterest
  • Youtube
  • Instagram

NEWS

日本代表 男子

2017アジアカップ総括
vol1 <国際経験の積み重ねが大事>

2017年11月1日

 10月27日から29日にかけてモンゴルで開催されたFIBA 3×3アジアカップ2017に出場した男子代表は、予選グループを1勝1敗で終え、上位8チームによる決勝トーナメントに進出。しかし、トーナメント初戦でカザフスタンに惜しくも競り負け、ベスト8で大会を終えてしまった。ここで落合知也、比留木謙司と共に3×3での豊富な経験を持ち、現在はBリーグでプレーしているプロ選手たちに大会を振り返ってもらった。

 まず、2人がともに強調したのは、ベスト8という結果に対する悔しさだ。「東京五輪に向けての中、ベスト8は無様な結果。もっと高いところを目指していたので厳しいものです」(比留木)。「優勝を狙っていたので非常に残念な結果です」(落合)。

 勝ち進むことができなった理由について、落合は「チームとしては時間がない中、お互いやりたいこともやれましたが、個人として十分なパフォーマンスを出せなかったです。得点だけでなく、もっとリバウンドをとらないといけなかったです」と振り返る。

 そして比留木は、「チームワーク、足、頭をつかって相手をかきまわして、だしぬくのがチームのモットーでした。しかし、シュート確率が良くなく。狙っていたプレーがうまく出来なかったです」と言う。

 また、今回の編成は、これまでの2人のガード、2人のビッグマンからガードを1人、ビッグマンを3人とサイズを重視した編成にした。しかし、「ディフェンス、リバウンド重視の布陣としましたが、結果としてモンゴル、カザフスタンにKO負けを喫したのはオフェンスリバウンドを取られてしまったことが大きな要因でした。これではビッグマン3人の意味がなかったです。僕たちがディフェンス、リバウンドでもっとやらないとこれからより厳しくなります」と落合が語るように、高さを強化しながらリバウンド争いで後手に回ったことが痛かった。

 今の日本代表に必要なのはこの結果を真摯に受け止め、東京五輪へ向けたチーム強化の糧とすること。比留木は「個人でいえば3×3の初期の頃からクラブ単位で世界を相手にプレーしてきましたし、この競技への思いは強いです。選ばれ続けるようにしっかり世界に対しての準備をし、世界レベルでのパフォーマンスを上げていきたいです。日本代表としては、フィジカル、サイズの部分で強化をしていかなければいけない。もしくは小さい選手が入る布陣があれば、どうやってサイズの不利を補っていくのか、より対策を練らないといけないと思います」と総括する。

 そして落合は、「東京五輪まであと3年と、長いようで短い。僕自身も時間がないと危機感を感じている中、そこに向けてどういった強化をするか。もっと普段から国際経験を積んで大きな大会に臨むことが大事と思います」と提言をしてくれた。