JAPAN 3x3 BASKETBALL TEAM

3x3 日本代表 OFFICIAL SITE

MENU
  • Twiiter
  • Facebook
  • Pinterest
  • Youtube
  • Instagram

NEWS

日本代表 U18男子

[Interview] 高橋 主、尾崎友祐

2017年5月24日

《高橋 主 選手》

Q:3×3をプレーするにあたり。5人制との違いで意識している部分を教えてください。
3×3はオールコートではなく、1対1が中心となってくるのでフィジカル面がより大事になってくると思います。

Q:どんなプレーが自分の持ち味だと思いますか。
5人制ではボールを運び、ドライブでどんどんアタックしていくプレースタイルです。3×3でもコーチから、当たり負けしない体を持っているから、もっとドライブを仕掛けていくように言ってもらえており、自分でもそうしていきたいと意識しています。

Q:アジアのライバルを相手に勝つにはどんな所が重要になると思いますか。
相手の方がサイズはあり、ゴール下では簡単にシュートを打てないと思います。2ポイントシュートに加え、なるべくタフショットを減らしイージーシュートを打てるように攻めていきたいです。そして、チームとしての活動が短い中での試合だからこそ、声をもっとしっかり出してコミュニケーションを取ることが大切です。

Q:大会への意気込みを教えてください。
緊張だけでなく、早くやってみたい気持ちもあります。去年はベスト4でしたので、今年はメダルを取ること。そのためにも、3×3は監督がベンチに入れないので、1人1人が監督の意識を持って指示を出し合って戦っていきたいです。

《尾崎 友祐 選手》

Q:今回、3×3に挑戦するきっかけを教えてください。
大学の先生に、3×3は5人制にもいかせる部分があり、個人技が鍛えられる。代表に選ばれて海外の大きくて強い選手と戦えるのは、よい経験になるからと言われて挑戦したのがきっかけです。

Q:3x3の特徴としてどのような部分を感じますか。
5人制よりも個人技のうまさが勝負になる。常に個人技が主体となっているところは違うと思います。それはオフェンスだけでなく、ディフェンスも同様で1対1でしっかり守りきれる力も大切です。

Q:どんなプレーでチームに貢献していきたいですか。
5人制ではインサイドのポジションですが、アウトサイドからのシュートを打ってきます。3×3では2点シュートの持つ価値が、とても大きいので外からのシュートをいかしていきたいです。

Q:大会への意気込みをお願いします。
ーティングで金メダルを目指すという目標を掲げたので、掲げた以上はしっかりと優勝したいです。インサイドを主体とした攻めは通用しないと思います。だからこそ頭と足を使ってチームプレーを使いながら動き回り、体力勝負に持ち込む。高さで通用しなくてもも泥臭いプレーでも頑張ります。