JAPAN 3x3 BASKETBALL TEAM

3x3 日本代表 OFFICIAL SITE

MENU
  • Twiiter
  • Facebook
  • Pinterest
  • Youtube
  • Instagram

NEWS

日本代表 U18男子

[Interview] 改田 拓哉、佐々木 雄哉

2017年5月24日

《改田 拓哉 選手》

Q:率直に今回の代表に選ばれたことへの感想を聞かせてください。
将来、プロバスケットボール選手になることを目標とする中、大人のチームでプレーしたいと現在の所CBアルボラーダに入れさせてもらいました。これまでの自分は中学校時代、地区大会では早々に負け、ジュニアオールスターでも活躍できずに終わっています。だからこそ、今回の素晴らしいチャンスでしっかり結果を残して、次へのステップにつなげていきたいです。

Q:自分の持ち味はどんなプレーだと思いますか
ボールハンドリングを武器に1対1でどんどん仕掛けていく。そして相手が下がってきたら外から2ポイントシュートを狙っていきたいです。点を取ることは自分の持ち味であり、それで今回の代表にも呼ばれたと思います。

Q:3×3と5人制の違いで特に感じる部分を教えてください。
3×3になるとフィジカル、技術における個の実力が、5人制よりもより出てくると思います。

Q:大会への意気込みをお願いします。
海外チームと比べると、高さ、幅でも負けていると思うので、戦術、スピードでカバーして頑張っていきたいです。目標は金メダルと、個人でのMVPです。

《佐々木 雄哉 選手》

Q:3×3を始めるきっかけについて教えてください。
顧問の先生が3×3でプレーしていたことをきっかけに、何度かプレーしてきた経験がありました。(代表に選ばれたことについて)最初は緊張していましたが、選ばれたからには自信をもってやらないといけないという気持ちになっています。(高校の大会も近い中)先生、チームメートは「世界を経験してほしい」と快く送り出してくれ、より頑張ろうという思いが強くなりました。

Q:3×3と5人制の大きな違いはどこにあると思いますか。
オフェンスとディフェンスの切り替えの早さです。オフェンスが終わったら、すぐにディフェンスが始まるというのは、5人制にはないところだと思います。

Q:どんなプレーでチームに貢献していきたいですか。
5人制のチームでも外で打つことが増えており、今回も外から積極的にシュートを狙っていきたいです。また、インサイドでも冷静に点を取っていくこと。守備では身長は海外に比べて小さいですが、ゴール下でリバウンドにしっかり絡んでいくことを意識しています。

Q:大会に向けての意気込みをお願いします。
日本代表として出場するからには無責任なプレーはできないです。今は楽しみと同時に、緊張感もあります。チーム4名、それぞれの持ち味があるので、それをしっかりいかして戦っていきたいです。