JAPAN 3x3 BASKETBALL TEAM

3x3 日本代表 OFFICIAL SITE

MENU
  • Twiiter
  • Facebook
  • Pinterest
  • Youtube
  • Instagram

NEWS

日本代表 U18男子

U18アジアカップ2017大会総括 男子編【1】

2017年6月5日

5月26日から28日にかけてマレーシアのサイバージャヤで開催されたFIBA 3×3 U18アジアカップ2017において、日本男子代表はベスト8進出の成績だった。グループリーグAの日本は、初戦のスリランカに15対16で惜敗。続くキルギスタン代表に21対18で勝利を収め1勝1敗とし、グループ2位で決勝トーナメントに駒を進めた。しかし、トーナメント初戦、準々決勝となるチャイニーズ・タイペイ戦に5対16で敗れ大会終了となった。日本に勝利したチャイニーズ・タイペイは準優勝、優勝は中国だった。
今回の大会を通して感じたことを選手それぞれに振り返ってもらっている。

<#4 尾崎友祐>

 「ベスト8で負けてしまい悔しいですし、申し訳ない気持ちです」。このように振り返った尾崎だが、次のように大会で感じたことを述べている。
 「外国人選手と自分との体格の差が大きく、パワー負けしてしまったことが印象に残っています。これからは、外国人選手にもフィジカル面で負けない身体作りをしていきたいと思います」
 また、日の丸をつけての国際大会出場については、「日本代表として出場することには緊張しました。一試合目では負けてしまったのですが、二試合目では、自分たちのプレーをすることができて勝てたので、いい経験になりました」とコメント。キルギスタンに勝ったグループリーグ2試合目を印象に残った出来事として挙げた。
 そして、アジアを舞台に戦った経験を自分のさらなる成長につなげていきたいと意気込みを語っている。
 「今大会で感じた海外勢との差について、普段の大学の部活動から意識してトレーニングをすることで補って行きたいです。どんどんパワーアップしていけるように頑張って行きます」

<#33 佐々木雄哉>

 チーム一丸となって戦えた手応えを感じた一方、ベスト8という結果については「悔しい結果で終わってしまいました。個人としても、もう少しやれたところもあったのかなと思います」と佐々木は大会について振り返る。
 大会を通しては、足をよく動かしてプレーする。機動力の重要性をより実感したと語っている。
 「今回、外国人選手と戦わせてもらったことで、体格や高さの部分で差があるので、日本人は足を使わなきゃ勝てないなと感じました。これからは、もっと足を動かしてプレーする意識を普段から高く持っていきたいです」
 「3×3になると、5人制とは違ってすぐに他の選手がカバーにいけないので、1対1でしっかり守りきらないといけないです。そして、5人制と比べると、大きなスペースがあるので、そこも足を使って対応することが大切だと思いました。」
 そして、今回の国際大会を経験したからこそ感じたことを5人制でも生かし、高校の部活で「チームを引っ張っていくことで、結果を残して行きたいです」と意気込みを述べた。