JAPAN 3x3 BASKETBALL TEAM

3x3 日本代表 OFFICIAL SITE

MENU
  • Twiiter
  • Facebook
  • Pinterest
  • Youtube
  • Instagram

NEWS

日本代表 女子

《Interview》花田 有衣 「豊富な経験、代表チームの頭脳として期待」

2017年6月13日

 3×3では男子に比べても女子はまだまだ発展途上の面が否めない。そんな状況にあって、豊富なプレー経験を誇り、3×3をよく知っている実力者が花田有衣だ。『U18 Asia Cup 2017』に出場する女子U18代表チームにおいては戦術コーチを務めている花田は、3×3ならではの特徴を次のように語る。

 「3×3の一番の魅力は展開の速さです。休む暇がないので、見ていても楽しいと思います。1対1のスキルも大事ですが、3×3は攻守の切り替えが早い中でプレーしないといけない。その中でも、どこで点を取っていくのか考えないといけない。そういう部分は、プレーヤーとしての3×3の魅力だと思います」

 「自ら点を取ることに加え、ゲームコントロールに関して積極的にアピールしていきたいです」と、自身の強みについて語る花田は、JX-ENEOS(在籍時はジャパンエナジー、JOMO)でプレーした後、海外に挑戦。アメリカに加え、2009年には中国リーグ(WCBA)の広東に入団し、同リーグにおける日本人初の選手になるなど世界を舞台に活動していた。

 それだけに今回のワールドカップには、「また、個人的にアメリカ、中国でプレーしてからしばらく経っているので、世界を相手にするのは久しぶりです。日本人とは違いすごく大きな選手たちと戦えることを楽しみにしています」と意気込みを述べる。

 そして、体格で劣る日本が世界で勝つには、判断力を磨いてコンビネーションの精度を高める。緻密なバスケットボールこそが鍵になると考えている。「世界相手に、身体能力の勝負では勝てないです。いかに考えてプレーできるか。チームとして動きをあわせてフォーメーションを使い、ギャップを作りながらなるべくノーマークを作ってシュートを打つ。そこまで考え続けてプレーすることで日本は世界で勝てる可能性があると思っています」