JAPAN 3x3 BASKETBALL TEAM

3x3 日本代表 OFFICIAL SITE

MENU
  • Twiiter
  • Facebook
  • Pinterest
  • Youtube
  • Instagram

NEWS

日本代表 女子

《Interview》飯塚めぐみ「フィジカルの強さを武器に、大きな飛躍を期す注目株」

2017年6月13日

 3×3と5人制は、コートの広さを始め様々なルールの違いがあり同じバスケットボールではあるが、競技としては全くの別物と言ってもいいくらいだ。その中でも3×3の大きな特徴として挙げられるのが、フィジカルの激しさとなるが、サイズで上回る相手にも当たり負けしないコンタクトの強さを持った選手として期待したいのが飯塚だ。

 昨年途中まで飯塚は数年間、格闘技のような激しいコンタクトが起こることが珍しくないラグビーをプレーしていた。この時の経験で培った接触プレーへの強さを自身の持ち味としていく考えだ。

 「バスケットボールをずっと続けてきた中で一度、ラグビーに切り替えました。去年の11月までの3年弱プレーしていたラグビー時代にスピード、パワーなどフィジカルを鍛えることができました。そして、バスケに戻ってきた後、3x3日本選手権に友達に誘ってもらって出場したら、自分に向いていると思いました。3×3はフィジカルが5人制に比べてより重要になってくると思うので、そこで自分の当たりの強さをいかしたプレーをアピールしていきたいです」

 現在は、武器であるパワーをより効果的に活用していくことを自分の役割として意識している。「パワーだけでは駄目で、色々と考えてプレーしなければいけない。想像していたよりも頭を使う必要があると感じています。一番は状況に応じて、誰をいかしていくべきかしっかり考えてスクリーンをかける。そのあとで、自分のチャンスを狙う。身体を張った泥臭いプレー、ルーズボールなどで頑張ることです」

 「3x3の魅力は、とにかくスピーディーで休むことがないところで、フィジカルと1対1が強調される面白さがあります。そして今までプレーしたことがない人たち一緒にプレーすることで、色々と学ことでより成長していきたいです」。このように意気込みを語るように飯塚は、3人と違い彼女は女子トップリーグWJBLでのプレー経験はない。だが、逆にいえば3×3を表現する代表的なフレーズ“ストリートから世界へ”を今回の代表で最も体現しているのは彼女であるだろう。5人制のキャリアがなくても、世界で戦うことができる。3×3の大きな可能性を示す存在としても注目だ。